とらばーゆで医療関係の仕事に就こう!

医療に携わるお仕事は、医者をはじめ色々とあります。

まず代表的な職業は看護師、歯科衛生士、歯科技工士、医療事務に薬剤師、臨床検査技師、カウンセラー理学療法士、ケアマネージャーなどまだまだあります。

看護師さんは特に命に関わるお仕事ですから、責任感、日々の緊張感などあり、本当に大変なお仕事だと思います。

しかし、医療系のお仕事というのは一生の仕事になり、子供が産まれて落ち着いてからでも、復帰することが比較的しやすいのではないかと思います。

実際に私の母は医療事務を私が生まれる前からやっていて、病院は変わったものの56歳の今でも病院の窓口で頑張って働いています!

医療事務の仕事は、医師と看護師さんのサポート的存在なので、母はやりがいを感じながら楽しく仕事をしているようです。

仕事の内容としては、主にレセプト(診療報酬明細書)の作成と受付業務です。

そして、来院した患者さんと1番はじめに接するのが、医療事務の方ではないでしょうか。

患者さんたちを安心させるためにも、優しい心配りと笑顔は必要ですね!

医療事務の資格は通信でもとれますので、何か医療の仕事につきたいと思っている方は持っていても損はない資格だと思いますが、試験はもちろんありますので、勉強は必須です!

まずは、どういったものなのか資料を請求してみてもいいかもしれません!

他の医療関係のお仕事も、学校にいかなければいけないものや通信で取れるものとありますので、まずは自分がどんな医療系の仕事に向いているか考えてみてもいいですよね。

明らかに、自分のためだけではなく人のために働いている医療系のお仕事には、やりがいをみつけることができる素晴らしい職業だと思います。

▲ページトップに戻る