とらばーゆで派遣の仕事を考える

派遣の仕事につく人が、ドラマの影響で増えたと聞きましたがどうなのでしょうか?
篠原涼子主演の「ハケンの品格」の派遣さんはすごかった・・・

私も、短期ではありますが、派遣のお仕事してました。

事務職ではないので、派遣の品格のようなオフィスではなかったですが、とても楽というと聞こえが悪いですが、責任はあまりないのにお給料はよくて、5時半ぴったりに帰っていいし、私的には本当にいい仕事でした。

職場の方もみんないい人だったし!

私は、販売の派遣でしたが、事務職の派遣となればパソコンのスキルも必要ですし、中途半端な位置が嫌だという友人もいました。

そして、何より嫌だったは、自分の名前ではなく「派遣くん」と呼ばれていたことだと、友人は言っていました。

そもそも、派遣というものは、派遣される人、派遣先、派遣会社という関係で成り立っています。

派遣会社は、派遣先の会社の仕事内容にあったスキルや経験を持った人材を登録者の中から選んで、派遣するわけです。

派遣先の会社からみたら、派遣されてきた人は、まぁ派遣さんなんですが、ちょっとデリカシーない感じします。

派遣登録する時は、名前・住所・電話番号・職歴など必要書類に記入します。

ほかには、今までの経験や仕事のスキルや資格などを聞かれて、その条件にあったお仕事を提供してくれます。 中には、そうではないものもあったりですが、だいたい希望にそった仕事を紹介してくれます。

派遣はだいたい1年契約で更新していくものが多いと思います。

友人はパソコン業務をしたことがなかったのですが、一般事務を希望したところ、派遣会社から無料でパソコン教室に通ってある程度の知識をつけたと言ってました。

自分の希望した職種につきたかったら、経験はもちろんですがスキルや資格があれば、紹介してもらう上では、有利になります。

なので、派遣会社との面接の時には、ちゃんと伝えることが必要です!

派遣社員のメリットは、時給がいいとか希望の職種を言えば紹介してもらえること、色々なところで仕事ができるということかな。

デメリットとしては、交通費が出ないとかボーナスがないところでしょうか。
契約更新してもらえるかどうか不安なところもですね。

そういったことがあることを頭に入れて、派遣社員になるかどうか考えなくてはいけないですね。

▲ページトップに戻る